ガリガリ体型の人は太っている人と同じくらい悩んでいる

痩せたい人のためにダイエット商品やダイエット番組などをよく見かけます。

男性も女性も、痩せたいと思っている人が多くいるように思われますが、痩せたいと思っている人と同じくらい「太りたい!」と悩んでいる男性も女性もいます。

ガリガリ体型で細い腕や足、浮き出た鎖骨で恥ずかしい思いをし、女性の方は特に胸が小さくコンプレックスになってしまったり、洋服が似合わないなどの悩みがあります。

また、痩せすぎの人は外見が魅力的ではなく、どんな服でもダボダボで似合わないので薄着になるのが恥ずかしと思っている人が多いようです。

痩せすぎで太りたい人は「食べても太れない」ので理想体型にいたるプロセスがわからずに、歯がゆくて自己嫌悪に陥ったりもします。

気軽に「お腹が出たからダイエットしよう」とは違い、太れない人にとって「痩せているから太ろう」は難しい課題なわけです。

一般的にどうやったら太るの? と聞くと寝る前にカップラーメン食えば太るよ、プロテイン飲めば太るよ、肉を食いまくれば太るよとか、ポテトチップスやコーラ、ピザ、カロリーの高いものを大量に食べれば太るよ、のような根拠のない答えが返ってくる場合があります。

このような健康的でない高カロリー高脂質なものを食べ続ければ、たとえ効果があって太れたとしても胃腸を悪くしたりして体を壊してしまい健康的な太り方ではありません。

ガリガリ体型の人が健康的に太るための習慣

人が健康的な体型を維持するための食生活で考えておきたいのは摂取カロリーと消費カロリーです。

ダイエットしたい人は摂取カロリーが多く、太りたい人は摂取カロリーが少ないといえるのではないでしょうか。
そしてカロリーを体に吸収するようにしなければ体重は増加しません。

太るためには普段の食事の量や質を確認し、まずは自分の食生活の見直しが必要です。


毎日の食事を見直し栄養バランスを考える必要があります。

食品の三大栄養素で、バランスよく食べることで健康的な体を作ることができます。

炭水化物
ご飯、パン、パスタ、中華麺、とうもろこし、芋などに多く含まれます。
要は主食ですね。炭水化物は体や脳を動かくエネルギーの元となるので、しっかり摂ることが基本です。

脂肪
牛肉、豚肉、卵、牛乳などは脂肪が多い食品の代表です。太りたいならお菓子やジュースなど甘い物からの糖分よりも、こういった脂肪分に注目しましょう。

タンパク質
プロテインですね。タンパク質は筋肉に変わる大事な栄養素です。肉や魚、豆腐や納豆、きな粉を含む豆類、卵などがタンパク質を多く含む食品です。

食品の三大栄養素の他に酵素を摂ることも心がけましょう。

酵素とは、食べ物を消化吸収する際に無くてはならない栄養素のひとつです。

酵素は消化酵素、代謝酵素、食物酵素があり栄養素の小腸での吸収や体のエネルギー消費にとって必ず必要なものです。

体内で酵素量のバランスがかたよっている人は消化吸収の効率が悪く、太りにくい体質であるということができます。酵素の多い食品としては、発酵食品や野菜・果物などが挙げられます。


次に食事の量を増やし、一回の食事で多くの量を食べれないなら回数を増しましょう。

太るためには食べる、これまで以上に食べるという習慣をつけましょう。

ただし、1日3食食べていた人がいきなり1食か2食増やすとなると胃腸にも気持ち的にも負担になると思いますので、無理をせずホントに軽いものを1食増やすようにしましょう。

胃腸に食物がはいっていない時間帯を作ることは健康のためには必要です。

運動をして筋肉を増やしましょう。

食事の量や回数を増やし、摂取カロリーを増やして体重が増えても、運動をしなければ脂肪が増えるだけです。
腕や足に脂肪がつく前に内臓に脂肪が蓄積され、かくれ肥満になってしまいます。

健康的に太るためには、適切に筋肉量を増やしながら体重を増やすことが必要です。

毎日の行動に歩くことや階段を使うことを意識しましょう。

筋トレのレベルで腕立て伏せやダンベル、ベンチプレスなどの運動をすればカロリー消費も増え筋肉量を増大させ、結果的に体重を増やすという効果がでます。

そして体型を比較的変えないままに体重を増加させるということもできるでしょう。

 

サイトマップ

クレジットカ―ド 初心者