痩せすぎで太る方法

痩せすぎも悩みが多く問題もあります

痩せすぎの人にとって太っている人同様の悩みがありあえります。

痩せすぎの人にとっては、外見が魅力的ではなく、どんな服でもダボダボで似合わない、体力はないし、それに異性にはまずモテない、低血圧、冷え性、肩こりにも悩む、夏の時期に薄着になるのが恥ずかしい、食事も少ししか食べられないなどなど。

太っていて痩せたい人は「絶食すれば痩せる」と思って自分を節制すればいいですが、、痩せすぎで太りたい人は「食べれば太れる」というわけにはいきません。

「食べても太れない」という問題があります。

痩せすぎで太る方法の基本は食事と運動

太るためにはまず食べることです。

太りたい人は、やはりたくさん食べているように思っても普通の人に比べたらたくさん食べていない場合があります。

「たくさん食べているつもり」かもしれません。

太るために食べればいいと思って、その日の思いつくものを食べていれば良いというわけではありません。

ファーストフードやスナック菓子のようなもの中心とした食生活にならないよう、太るための栄養バランス、食事の量や回数などに気を付けましょう。

太るためには一日三食が基本です。

お相撲さんが一日二食とちゃんこ鍋で太っているので同じようにすれば、と思っている人もいるかもしれませんが、この方法で太れるのはお相撲というスポーツをしているからです。

一日三食で一日のカロリー量を無理なく増やすことが必要です。

次に、太るための栄養素をバランスよく取り入れる

太るためにやみくもに食べてしまうと、お腹の出た中年太りのような体型になってしまいかねません。

男性なら筋肉もそれなりについて腕からうっすら血管が浮き出たような体型、女性なら出るとこはそれなりに出て、うっすら筋肉もついてウエストの引き締まった女性らしい体型を目指したいですよね。

そのためには筋肉の原材料であるタンパク質を中心とした食事にする必要があります。

一回の食事に大量のタンパク質を摂るのではなく、朝・昼・晩とそれぞれの食事に取り入れましょう。

タンパク質が多い食べ物は、一般的によく知られているように肉・魚・卵です。女性なら納豆などの大豆類などもいいでしょう。

これらタンパク質を朝は魚、昼は卵、夜は鶏肉みたいな感じでバランスよく取り入れることで、健康的で見た目的にも美しい太り方ができます。

多くの人は主食がごはんやパンなどのを炭水化物ですので、タンパク質のあるものを取り入れていくことを意識しましょう。

脂質については、タンパク質が多い食べ物には脂質も多く含まれているので、タンパク質を積極的に食べるようにしたら、同時に脂質も摂取できます。


そして、消化吸収率を上げるために酵素という栄養素を摂ることも意識してください。

酵素は食べ物の消化、栄養の分解と吸収、栄養の運搬、呼吸、筋肉動作、免疫力の向上、活性酸素を除去など、体の中で起こるいろいろな反応をスムーズに行えるようにする物質です。

例えば、酵素は納豆やヨーグルト、キウムチのようなお漬物に含まれています。

ヨーグルトは乳酸菌も含まれているので、多く摂りたいですんね。

酵素が栄養の分解と吸収してくれ体外から多く摂ることで、今まで食べても太らなかった問題の解決につながります。


太るためのサプリメントもあります。

太りたい人のために開発されたサプリメント。

プルエル
胃腸の働きを整える7種の漢方と、胃の消化を助ける7種の消化酵素をサプリメントにしたもの。

↓↓↓プルエルの公式サイト↓↓↓


プルエル



ドクター・フトレマックス
太るためのプロテイン
低分子プロテインを使用し ⇒吸収しやすいタンパク質。
てんさい果糖を使用し ⇒血糖値を上昇させない。炭水化物の最小単位で吸収しやすい。

↓↓↓ドクター・フトレマックスの公式サイト↓↓↓


ドクター・フトレマックス










 

サイトマップ

クレジットカ―ド 初心者